<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

<< 仲良し | main | ゆず >>
*スポンサーサイト*

一定期間更新がないため広告を表示しています

* - * - * - * *
*気合いだ!*
って、大げさなタイトルから始まってしまう今日の雑記ですが、ここ暫く平和なガーデンが続いているからか、平穏ぼけしているような気がして保護猫達の健康管理の面で見直しを考えていました。

・やってはいるのだけれど

のような中途半端な状況を絶対に作らない事。
これは常に意識の中に置いた方が良い。
頭と身体、心に叩き込む。叩き込む。

治りが遅い時は、さらに最短時間で完治するように積極的にアプローチする。
動物を管理していく上では、知識や経験値も必要だけれども、それだけでなく、目先を変えた方法も取り入れるべし。
当然、ガンガンに責めるのでは無く、QOLは維持しながら、という事は大事。

個人的な思いだけで言えば、治りが遅い時は、「大丈夫かなぁ・・・明日になったらちょっとはマシになってたら良いなぁ・・・」のような気持ちになる。
だけれども管理者としてその感覚は絶対にあかん。
次の手立てを冷静に考えて実施しなければならないと思う。
努力と工夫の積み重ねの先に、「少しでも良い状態」があり、「より良い」があるのだと思う。

大げさな考え方に聞こえるかも知れないけれど、それぐらいの方針で、丁度なのだと思う。
真の意味での多頭管理(飼育も含めて)は、そんなに簡単な事じゃ無い。
全員を常に鼻水ひとつ垂らささず、目脂も出させず、毛艶も良く、ベストコンディションで管理するには、それぐらいの方が良い。

そんな事を最近考えていました。

今、ガーデンは平穏ですが、心疾患のジェリーくんと、おしっこ&うんち補助、管理の要るモモちゃんを、より良い状態で保護できるよう、先日からちょっとご飯の管理を始めました。
ジェリーくんはまずは太れるように。
モモちゃんは点滴をせずとも、いつも綺麗なおしっこであるように。
そしてうんちもほんとに心持ちで良いので硬い目のうんちが出るように。



左のご飯がモモちゃん、右のご飯がジェリーくん。



自分で飲んでくれる分量以上に水分を摂取出来るように、お茶漬けフード。
ドライフードは、ロイヤルカナンのインテンスヘアーボール。
香り付けの缶詰はヒルズの缶詰。



モモちゃんは、香り付けされた水分を飲み干してからドライフードをバリバリ食べます。



どうかなぁ?と思っていましたが、本猫は結構嬉しそう。^^;



そして、ジェリーくん。



一度にa/d缶を2分の1缶食べます。
これを日に2回。
何故か心疾患の子に良いらしいタウリンの継続摂取も始めようと思います。

1ヶ月後に、どれくらい体重が増えてるかな?
心臓への負担はいけませんが、今ならもう少し太って良いぐらい。

モモちゃんのうんちも、コロコロと結構良いうんちが腸にあるのが触れるのだけれど、これを送りだそうとするとモモちゃんが嫌がって嫌がって・・・。
でも、何とかモモちゃんに受け入れられる方法で送り出し出来るように色々探ってみたいと思います。
おしっこは飲水量が増えた事により薄まって、良い感じです。
この方法なら誰でも出来ますし、モモちゃんも美味しい水(?)で嬉しそう。。。^^;

この方法を2匹に暫く続けてみようと思います。
成果は、また1ヶ月後あたりにご報告致します☆
* comments(0) * - * 雑記 * 23:37 *
*スポンサーサイト*
* - * - * - * 23:37 *
コメント
コメントする








preview?
ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。